輸入住宅で快適に暮らすコツとは

バナー

輸入住宅で快適に暮らすコツとは

海外環境に適した構造となる住宅をそのまま日本に持ち込む輸入住宅には、日本の気候で住むためのコツがあります。


そもそも海外は乾燥した地域が多いことから、日本の環境で輸入住宅を持ち込む場合にはまず、湿気対策が必要になります。

単に換気をしただけでは、湿気を含んだ空気を室内に取り込んでしまうだけです。

Yahoo!ニュースはとても人気があり、興味深いです。

それを内部に留めておくために結露やカビの発生原因となります。

これは輸入住宅の工法に理由があります。
日本の家屋は基本的に、柱と梁で家を支えているものです。



それに対して輸入住宅は皆、壁で家全体を支える構造となります。


そのために壁同士の密着度は高く、気密性が非常に高くなっています。

これは断熱性を高める効果もあるので、人体には非常に良いものとなります。

というもの、ホルムアルデヒドなどの有害物質を含む断熱材を使わずに済むからです。


けれどもこの気密性の高さが湿気も閉じ込めてしまうために、そのままにしておくと風通しの良くないところにカビが発生することになります。
そのためにはエアコンのドライなどを使って湿気を取るか、あるいは調湿機能を持つ壁材などを使用することが必要になります。

基本的に輸入住宅というものは、海外住宅の設計思想を重んじるということが定義されているので、そのままの形でパッケージ化されて輸入されます。

待望のグリーンゲーブルズスタイルの浜松の輸入住宅に出会えて満足です。

あとはそれを組み立てる時に、どのようにアレンジするかということになります。

ハウスメーカーなどはこの点において、日本の風土に合うようにアレンジすることもあります。

Copyright (C) 2016 輸入住宅で快適に暮らすコツとは All Rights Reserved.